2022年01月27日

吹雪

_IMG2000b.jpg

目の前は吹雪、少し離れた対岸が見えないくらいの降りっぷり。矢沢永吉の「黒く塗りつぶせ」ではないが、吹雪がさった後、何もかも白く塗りつぶされていた。
posted by 生出道憲 at 06:00 |

2022年01月26日

まぁ〜るいものパート2

       _IMG2653b.jpg

同じ雪原でも少し場所を変えれば、当然見え方も異なる。太陽が薄い雲に覆われてくると、影の色も微妙に変化する。
posted by 生出道憲 at 05:00 | 雪原

2022年01月25日

まぁ〜るいもの

_IMG2639b.jpg

雪原では、どうしてもまぁ〜るいものに目がいってしまう。少し歪なのが残念。
posted by 生出道憲 at 06:00 | 雪原

2022年01月20日

達沢の不動滝

_IMG2567b.jpg

前夜の天気予報で、会津各地ではマイナス10度近くまで気温が下がるということで、勇んで達沢の不動滝へ行ったものの、結果は見事なスカであった。何よりも気温が低くない(マイナス3度くらい)。寒さを感じることもなく、とりあえずの撮影で帰路に着いたのであった。鼻毛が凍る寒さの時に再チャレンジ。
posted by 生出道憲 at 20:03 |

2022年01月17日

小野川の不動滝

       _IMG2527b.jpg

少々、 気温は緩んでいたが、足慣らしを兼ねて裏磐梯の「小野川の不動滝」まで歩いてきた。
やはり氷の付きはイマイチであった。まぁ〜また行けばいいだけの話である。
posted by 生出道憲 at 08:00 |

2022年01月16日

霧氷

_0105010b.jpg

山は霧氷で真っ白である。木々は例外なく冬将軍の洗礼を受けている。望遠で、その一部を切り取る。それにしても自然の力はすごい。たった一晩で何もかも白く塗りつぶすのだから。
posted by 生出道憲 at 19:15 | 霧氷

2022年01月13日

蒼い影

_IMG2484b.jpg

雪で閉ざされてしまった沼。ゆっくり蒼い影が沼を覆う。もう少しで山の向こうへ陽が沈む。
posted by 生出道憲 at 18:17 | 雪原

2022年01月11日

切り取り線

_IMG2382b.jpg

雪原に切り取り線が描かれていた。描いた動物は、よほど几帳面な性格のなのだろう、きちんと等間隔になっている。その正確さに拍手。手前から奥まで、この線で切り取ると冬眠している沼の主が現れます。
posted by 生出道憲 at 18:00 | 雪原

2022年01月10日

冬晴れの日

_IMG2478b.jpg

めずらしく抜けるような青空にみまわれた裏磐梯。雪原を歩きながら顔見知りの山毛欅に挨拶をしてきた。いちぶ枝が朽ち果てていて、いまの姿をとどめていられるのは、そう長い時間ではないかもしれない。爽やかな青空ではあったが、すこしセンチな気分になってしまった。
posted by 生出道憲 at 18:16 | 山毛欅

2022年01月09日

冬木立

_IMG2361b.jpg

スノーシューを履いて雪原を闊歩する。今冬は積雪が多く、おそらく動植物には試練の多い季節となるだろう。霧むせぶ雪原にハンノキがじっと寒さに耐えていた。
posted by 生出道憲 at 19:58 | 雪原