2017年03月30日

春間近

_IMG7718.jpg

先日の那須、安達太良の雪崩は、あらためて山の恐ろしさを教えてくれた。事が起きてから云うのは、はばかれるけれど・・・なんとかならなかったのか・・・。風雪に耐え春を迎える山毛欅、そして図らずも命を落としてしまった若者達。言葉が出ない。
posted by 生出道憲 at 08:17 | 山毛欅

2017年03月27日

伊南川

_IMG7618.jpg
posted by 生出道憲 at 08:22 |

2017年03月23日

やさしい流れ

       _IMG7480.jpg

一見して水の流れを感じないのだが、よく見てみると上流から流されてきた雪が、ゆっくり下流へ向かっている。只見の名峰浅草岳から流れ落ち、やがて只見川へと合流、そして日本海へと注ぐ。ここは旅の始まりか。
posted by 生出道憲 at 08:08 |

2017年03月22日

白い世界

       _IMG7352.jpg
posted by 生出道憲 at 08:07 | 霧氷

2017年03月21日

静寂の季(とき)

       _DSC7397.jpg

半端なく続いた吹雪も、ある瞬間、ぴたっとおさまった。物音ひとつしない場所に身を置くことが少なくなった現代、ある意味貴重な時間である。
posted by 生出道憲 at 07:57 | 山毛欅

2017年03月17日

吹雪のあと

_DSC7681.jpg

吹雪のあと、山毛欅の木肌に面白い模様が描かれていた。
posted by 生出道憲 at 08:35 | 山毛欅

2017年03月15日

氷、ゆるむ

_IMG2550.jpg

3月も中旬を過ぎると氷の表面も、流れる川の水も、ゆるくなったように見える。
posted by 生出道憲 at 07:58 |

2017年03月14日

飯豊連峰

_IMG2453.jpg

冬晴れの日、台形をした山並みが、ひときわ目に飛び込んでくる。飯豊連峰だ。右端のピークが飯豊山で、山頂には飯豊神社がある。そのむかし、13〜15の男子は、飯豊山へお参りをしてはじめて一人前と認められた。いわゆる「飯豊講」と呼ばれるものだ。いまも神社の周囲には、かつてお参りした人たちのお賽銭(古銭)を見かけることがある。
posted by 生出道憲 at 08:11 |

2017年03月13日

会津磐梯山

_0041550.jpg

ふだんは磐梯山と云っているけれど「会津磐梯山」と改めて云うと、会津の象徴としての存在感がよりいっそう高まるような気がする。普段着からフォーマルに着替える、そんな感じ。
posted by 生出道憲 at 07:58 |

2017年03月10日

雄国沼

_C120151.jpg
posted by 生出道憲 at 08:17 |