2017年01月30日

朝日のあたるころ

_DSC7626.jpg

冷えきった朝は、どこもかしこも例外なく霧氷の洗礼を受ける。自然は人が決してあがなえない大きな力を持っている。人がどんなに頑張っても出来ない、素敵な演出を木々にプレゼント。陽が射すと、よりいっそう輝きがます。
posted by 生出道憲 at 07:34 | 霧氷

2017年01月29日

山毛欅の木肌

_0260439.jpg

山毛欅の木肌は、地味ながらも実に個性的。同じように見えるようだが、じっくり観察してみると思わぬ発見があることも。パズルのピースを無造作に並べたようにも見えるし、パッチワークのようにも見えるし・・・。
posted by 生出道憲 at 17:25 | 山毛欅

2017年01月27日

山毛欅の古木

       _DSC1789.jpg

僕は専門家ではないので正確な判断は出来ないが、この山毛欅の樹齢は300年はくだらないかのでは?と思っている。少なく見積もっても200年。それにしても随分永い時間を、同じ場所で過ごしていることになる。その分の年輪(時間)が幹の中に詰まっているんだって思ったら、何だかとても愛おしくなってしまい幹に抱きついてしまった。ひんやり冷たかった・・・。
posted by 生出道憲 at 07:56 | 山毛欅

2017年01月26日

春遠からじ

_DSC1772.jpg

森の中で圧倒的な存在感を持つ山毛欅の老木。どっしりとした体格は、少々の積雪にもビクともしない。寒さはこれからが本番。積雪によって幾つかの枝は折れてしまったりするのだろう。でも新緑の頃になれば、眩しいほどの輝きを見せてくれるはず。
posted by 生出道憲 at 21:42 | 山毛欅

2017年01月24日

黎明の磐梯山

_0260075.jpg

まもなく陽が昇る。耳を澄ませても物音ひとつしない。静けさが支配する冬の雄国沼。展望台より磐梯山をのぞむ。びっしりと雪でコーティングされた山肌。きっとこの中で、春を待つ動物達が眠りについているのだろう。
posted by 生出道憲 at 07:54 |

2017年01月21日

磐梯山

_IGP2810.jpg
posted by 生出道憲 at 10:19 |

冬木立

_IGP2812.jpg
posted by 生出道憲 at 10:18 | 雪原

冬木立

       _IGP2819.jpg
posted by 生出道憲 at 10:17 | 雪原

2017年01月20日

出た出た月が

                     _IGP1205.jpg

撮影も一段落しての帰路、振り返ると雲間から月がポッカリ。すぐさまセッティングして撮影。数カットシャッターを押したら、すぐに隠れてしまった。
posted by 生出道憲 at 08:46 |

竜頭ノ滝

_IGP2324.jpg
posted by 生出道憲 at 08:42 |