2017年03月27日

伊南川

_IMG7618.jpg
posted by 生出道憲 at 08:22 |

2017年03月23日

やさしい流れ

       _IMG7480.jpg

一見して水の流れを感じないのだが、よく見てみると上流から流されてきた雪が、ゆっくり下流へ向かっている。只見の名峰浅草岳から流れ落ち、やがて只見川へと合流、そして日本海へと注ぐ。ここは旅の始まりか。
posted by 生出道憲 at 08:08 |

2017年02月06日

水の旅

       _0290616.jpg

積もった雪の間を、まるで急かされるように流れる川の水。実川〜檜枝岐川〜伊南川と名前を変え、只見町で尾瀬から流れ出た只見川と合流。そしていずれは日本海へ注ぐ。旅を続けるのも魅力だが、もし僕が水だったら、雪になってしばし同じ場所に留まり旅の疲れを癒したい。春になれば否が応でも旅に出なければならないのだから。
posted by 生出道憲 at 08:05 |

2017年02月04日

雪のトーン

P1120708.jpg

南会津の雪は、ほんとうにキメの細かい上質な雪だと思う。少々陽が傾いた時間帯になると、柔らかさが微妙なトーンになって現れてくる。
posted by 生出道憲 at 16:22 |

2017年02月02日

伊南川

_C300025.jpg

これは12月に撮影したもの。いまごろは積もった雪がくっついて、きっと雪原のようになっていることだろう。
posted by 生出道憲 at 08:00 |

2017年01月20日

川辺の悪戯書き

                    _IGP1419.jpg

橋の上から覗いてみると、積もった雪がまるで悪戯書きのようだった。なんとなく原初的な表現に僕は見えたのだった。
posted by 生出道憲 at 07:56 |

特大雪見大福

_IGP2073.jpg

直径1.5メートルはくだらない大きな大福。アンコの量も半端ないだろう。もし作るとすればだが・・・。
posted by 生出道憲 at 07:48 |

2015年07月06日

雪帽子

                    d800_IGP0665.jpg

石のひとつひとつに雪が積もる。小さい烏帽子、大きな烏帽子・・・いったいどんな人がかぶるのだろうね。
posted by 生出道憲 at 08:47 |

2015年06月21日

雪原

d800_DSC7867.jpg

雪のクッションだね、これは。
posted by 生出道憲 at 08:44 |

2015年05月29日

檜枝岐川

                    645z_IMG2372.jpg

石に積もった雪はやがて巨大な大福餅になる。でも大きくなりすぎるとお互いがくっついてしまって、見た目にも美味しそうではなくなってしまう。
posted by 生出道憲 at 22:06 |