2015年06月09日

ベコの乳氷

645d_IGP1215.jpg
posted by 生出道憲 at 08:42 |

雄国滝

645d_IGP1185.jpg
posted by 生出道憲 at 08:36 |

2015年06月07日

山毛欅

645d_IGP1366.jpg

孤高であるがゆえに風当たりも強いし、降る雪をまともに受けることになる。枝の積雪量は半端ない。どのくらいの重さなのか想像もつかない。冬が終わるまでの試練と見るか、それとも自らの鍛錬と見るか・・・。いずれにせよ楽チンでないことだけは確かだ。
posted by 生出道憲 at 22:50 | 山毛欅

女滝

645d_IGP1573.jpg
posted by 生出道憲 at 22:48 |

渓流

645d_IGP2054.jpg
posted by 生出道憲 at 22:42 | 渓流

桧原湖 雪紋

                    645d_IGP2229.jpg

白く雪の積もったとところとシャーベット状のところと、傾いた陽の光が美しいコントラストを描いていた。
posted by 生出道憲 at 22:40 |

霧氷

645d_IGP1601.jpg

木々についた霧氷はあっという間に消えてしまう。しかしその繊細な美しさはいつまでも心に残る。
posted by 生出道憲 at 22:39 | 霧氷

華厳の滝

645d_IGP1697.jpg

日光の、というより日本の名瀑「華厳の滝」である。するどいツララが厳しい季節を象徴している。そもそも華厳の「華」とはある一つの花を象徴しているのではなく、この世に咲くすべての花をさす。花はどんな環境でも精一杯咲いている。人もいかなる環境下でも精一杯生きなければならない。誰もが輝ける花となれば、この世は美しい世界になる。釈迦の教えを基にしたひとつの思想で、そもそも華厳とは雑華厳浄(ざっけごんじょう)を省略したのだとか。
posted by 生出道憲 at 22:39 |

2015年05月29日

檜枝岐川

                    645z_IMG2372.jpg

石に積もった雪はやがて巨大な大福餅になる。でも大きくなりすぎるとお互いがくっついてしまって、見た目にも美味しそうではなくなってしまう。
posted by 生出道憲 at 22:06 |

桧原湖

       645z_IMG2027.jpg

湖岸に緩やかなS次が描かれていた。気温の低さもあるだろうが数週間もすると湖は真っ白になってしまう。それにしても一冬でいったいどれだけの量の雪が降るのだろう。自然はすごいな〜と感心してしまう。
posted by 生出道憲 at 22:05 |